パワーストーンの浄化方法まとめ

パワーストーンは正のエネルギーを放出すると同時に様々な負のエネルギーを吸収し蓄積いきます。そこでパワーストーンを最初に手に入れたとき、また使っていくうちにパワーストーンに溜まっている負のエネルギーを「浄化」する作業が必要になります。石の浄化には下記にあげるような様々な方法がある。

すべての石に向く方法
基本的にはこの方法をお勧めします。わざわざ、単独の石だけで出来ているのであればその石に向く方法で浄化すればよいわけですが、複数の石でできている場合には注意が必要です。

水晶クラスターやさざれ石による浄化
水晶のクラスターやさざれ石の上に一晩置いておく方法。どの石の浄化にも向く。

さざれ石は手軽に手に入る浄化グッズです。
このヒマラヤ産のさざれ石は、産地を入念にチェックして入手した逸品。
ヒマラヤのクル産というところまでわかっているものです。
【メール便OK】【おまけポーチ付き】霊峰富士の湧き水「木の花名水」で浄化済みキラキラパワー…

アメジストの潔癖性とも言える強い浄化力は知る人ぞ知る。
【おまけポーチ付き】【メール便送料無料】【サイズが選べる】「木の花名水」で浄化済みパワー…

クラスターの力はかなりの優れものです。この大きさ一つで部屋全体を浄化すると言われています。
【送料無料】【ヒマラヤ】【半額50%OFF】お手軽サイズでお手軽価格パワーストーンの浄化・魔よ…

月の光による浄化
窓辺などに置き、石に一晩月光浴をさせる。どの石にも向く方法である。

石により向き不向きがある方法

陽の光による浄化
朝の光にあてる方法。日光によって退色する恐れのある石には向かない。
そうは言っても、それほど恐れる必要はありません。退色するほど紫外線を浴びたらあなたもガングロギャル顔負けになっているはず。
 
※日光に弱い石…アメジスト、インカローズ、セレスタイト、ターコイズ、パイライト、ローズクォーツ、フローライト、琥珀、クンツァイト、ヒデナイトなど
 
水による浄化
流水に10分ほどさらす。水に弱い石には向かない。
パワーストーンのビーズも加工されている(表面のワックスやコーティング、着色などがとれるおそれがあります。
※水に弱い石…オパール、カルサイト、フローライト、セレナイト、ターコイズ、ラピスラズリ、真珠、琥珀、べっ甲、カメオ、アズライト、アポフィライト、セレスタイト、ヘマタイト、マラカイトなど
 
お香による浄化
サンダルウッドやホワイトセージのお香の煙で浄化させる方法。多孔質の石には、石の隙間に煙の成分が溜まってしまうので向かない。
※煙燻に弱い石…メノウ類(アゲート、カーネリアン、カルセドニー、ジャスパーなど)
 
塩による浄化
塩の中に一日埋めておく方法。浄化に使った塩は捨てること。塩に弱い石、金属には向かない。
※塩に弱い石…オパール、アポフィライト、セレスタイト、スギライト、ゴールド、シルバー、コッパー(銅)
 
土による浄化
石を布でくるみ一日ほど人が踏まない場所の土に埋めておく。布を通して土の中の水分や塩分がしみてくる恐れがあるので、水や塩に弱い石には使えない。
※水に弱い石…オパール、カルサイト、フローライト、セレナイト、ターコイズ、ラピスラズリ、真珠、琥珀、べっ甲、カメオ、アズライト、アポフィライト、セレスタイト、ヘマタイト、マラカイトなど ※塩に弱い石…オパール、アポフィライト、セレスタイト、スギライト、ゴールド、シルバー、コッパー(銅)

全部読む.. story »

パワーストーンの意味

パワーストーンの浄化

パワーストーン浄化の意味や浄化方法

パワーストーンブレスレット

色々なパワーストーン商品

鉱物学者直伝、パワーストーン真贋の目利

今までなかった、鉱物学者が教える、パワーストーンの真贋の目利き

Home » パワーストーンの意味, 青・緑系

ストーンヘンジの秘密に迫る(プレセリブルーストーンの秘密)

Submitted by on 木曜日, 23 9月 2010No Comment

今日は、世界遺産のストーンヘンジとそこに使われているブルーストーンについて

ストーンヘンジとは

世界遺産でもあるストーンヘンジ、馬蹄形に配置された高さ7mほどの巨大な門の形の組石(トリリトン)5組を中心に、直径約100mの円形に高さ4-5mの30個の立石(メンヒル)が配置されています。夏至の日に、ヒール・ストーンと呼ばれる高さ6mの玄武岩と、中心にある祭壇石を結ぶ直線上に太陽が昇ることから、設計者には天文学の高い知識があったのではないかと考えられています。
clip_image002

ストーンヘンジとブルーストーン

トリリトンやメンヒルはブルーストーンではありませんが、この巨石の内側にブルーストーン(火成岩のドレライト)が配置されています。
このブルーストーンは250kmも離れたウェールズのペンブロークシャーにあるプレセリの丘から人間の手で運ばれてきています。
ブレセリブルーストーンと言うのは、単にブルーストーン(ドレライト)と言う石ではなくて、プレセリで産出したブルーストーンと言うわけですね。
clip_image002[5]

プルセリの丘

ドレライトは、主にカルシウム長石とオージャイト(ふつう輝石)から構成され、微量の銅とパイライトを主な成分とします。
5,000年前の新石器時代にブリテン島に住んでいた人々は、一つ重量が4トンもあるプレセリブルーストーンの巨大な塊を19個、ウェールズから約250Km(直線距離です)以上離れたソールズベリ平原に運び、ストーンヘンジの内側の円を築きました。

ブルーストーンの力

人々はなぜ苦労して250kmもブルーストーンを移動させたのでしょうか?
長い間の謎にイギリスの2008年にBBCが挑みました、大規模な調査により出てきた結果は、ストーンヘンジは「治療のため」に作られた可能性が高いうことです。
遺跡付近の墓地には、重い病気やけがの痕跡のある遺体が「異常なほど多数」あり、歯の調査から、その約半数が地元の人間ではないことが分かったとか。
巨石が持つと信じられた治癒力や癒やしを求めて、人々が各地から訪れた「英南部の救急医療センター」だったのではないか?「ブルーストーン」は中世まで治癒力があると信じられていたこと。
そんな理由からBBCはこのブルーストーンを古代の人はわざわざプルセリの丘から250キロメートルもの距離を移動させてきた、理由は「治癒力」があると信じられていたためではないかと結論づけています
ブルーストーンとストーンヘンジに関しては、本家BBCのサイトも参考に動画もあって、英語がわからなくても楽しめます
そんなブルーストーンが日本でも入手可能になりました
clip_image002[7] プルセリブルーストーンの小さなタンブルです。
悩み事、困ったことがあるときのお守りにどうぞ
clip_image002[9] プルセリブルーストーンブレスレットです。
丁寧に産地証明書までついています。
clip_image002[13] プレセリブルーストーンのペンダント、ペンデュラムです。数が少ないので、売り切れ注意です

タグ: , , , ,

関連する投稿

Leave a comment!

Add your comment below, or trackback from your own site. You can also subscribe to these comments via RSS.

Be nice. Keep it clean. Stay on topic. No spam.

You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

This is a Gravatar-enabled weblog. To get your own globally-recognized-avatar, please register at Gravatar.