パワーストーンと数秘術 | パワーストーンの総合情報サイト、パワーストーンの意味から見分け方まで
パワーストーンの浄化方法まとめ

パワーストーンは正のエネルギーを放出すると同時に様々な負のエネルギーを吸収し蓄積いきます。そこでパワーストーンを最初に手に入れたとき、また使っていくうちにパワーストーンに溜まっている負のエネルギーを「浄化」する作業が必要になります。石の浄化には下記にあげるような様々な方法がある。

すべての石に向く方法
基本的にはこの方法をお勧めします。わざわざ、単独の石だけで出来ているのであればその石に向く方法で浄化すればよいわけですが、複数の石でできている場合には注意が必要です。

水晶クラスターやさざれ石による浄化
水晶のクラスターやさざれ石の上に一晩置いておく方法。どの石の浄化にも向く。

さざれ石は手軽に手に入る浄化グッズです。
このヒマラヤ産のさざれ石は、産地を入念にチェックして入手した逸品。
ヒマラヤのクル産というところまでわかっているものです。
【メール便OK】【おまけポーチ付き】霊峰富士の湧き水「木の花名水」で浄化済みキラキラパワー…

アメジストの潔癖性とも言える強い浄化力は知る人ぞ知る。
【おまけポーチ付き】【メール便送料無料】【サイズが選べる】「木の花名水」で浄化済みパワー…

クラスターの力はかなりの優れものです。この大きさ一つで部屋全体を浄化すると言われています。
【送料無料】【ヒマラヤ】【半額50%OFF】お手軽サイズでお手軽価格パワーストーンの浄化・魔よ…

月の光による浄化
窓辺などに置き、石に一晩月光浴をさせる。どの石にも向く方法である。

石により向き不向きがある方法

陽の光による浄化
朝の光にあてる方法。日光によって退色する恐れのある石には向かない。
そうは言っても、それほど恐れる必要はありません。退色するほど紫外線を浴びたらあなたもガングロギャル顔負けになっているはず。
 
※日光に弱い石…アメジスト、インカローズ、セレスタイト、ターコイズ、パイライト、ローズクォーツ、フローライト、琥珀、クンツァイト、ヒデナイトなど
 
水による浄化
流水に10分ほどさらす。水に弱い石には向かない。
パワーストーンのビーズも加工されている(表面のワックスやコーティング、着色などがとれるおそれがあります。
※水に弱い石…オパール、カルサイト、フローライト、セレナイト、ターコイズ、ラピスラズリ、真珠、琥珀、べっ甲、カメオ、アズライト、アポフィライト、セレスタイト、ヘマタイト、マラカイトなど
 
お香による浄化
サンダルウッドやホワイトセージのお香の煙で浄化させる方法。多孔質の石には、石の隙間に煙の成分が溜まってしまうので向かない。
※煙燻に弱い石…メノウ類(アゲート、カーネリアン、カルセドニー、ジャスパーなど)
 
塩による浄化
塩の中に一日埋めておく方法。浄化に使った塩は捨てること。塩に弱い石、金属には向かない。
※塩に弱い石…オパール、アポフィライト、セレスタイト、スギライト、ゴールド、シルバー、コッパー(銅)
 
土による浄化
石を布でくるみ一日ほど人が踏まない場所の土に埋めておく。布を通して土の中の水分や塩分がしみてくる恐れがあるので、水や塩に弱い石には使えない。
※水に弱い石…オパール、カルサイト、フローライト、セレナイト、ターコイズ、ラピスラズリ、真珠、琥珀、べっ甲、カメオ、アズライト、アポフィライト、セレスタイト、ヘマタイト、マラカイトなど ※塩に弱い石…オパール、アポフィライト、セレスタイト、スギライト、ゴールド、シルバー、コッパー(銅)

全部読む.. story »

パワーストーンの意味

パワーストーンの浄化

パワーストーン浄化の意味や浄化方法

パワーストーンブレスレット

色々なパワーストーン商品

鉱物学者直伝、パワーストーン真贋の目利

今までなかった、鉱物学者が教える、パワーストーンの真贋の目利き

Home » パワーストーンの秘密

パワーストーンと数秘術

Submitted by on 金曜日, 12 6月 2009No Comment

パワーストーンの力を利用するためには、その色、結晶系と数が大きく作用します。

難しい数字が2,4と9です。これは私の経験則かも知れませんが、なぜかよくありません。パワーストーンの配置で、同じ石を4つ並べる。2つ並べるというのは避けた方がよいでしょう。

数字の意味や判断はカバラ、風水、陰陽五行説、八卦、そして日本でと色々な意味に解釈され、時代と共にその解釈も変化しています。

結晶系で難しいのが立方晶です。これは塩やダイアモンド、ガーネットなどがこの結晶系を持っています。

色は真っ黒というのが、難しい色です。つける人を選ぶ色と言ってもいいかも知れません。

 

さてそれでは数字を意味を書いてみます。数字の意味はカバラ数秘術や八卦などでそれぞれ違う意味や吉凶を持っていますので、それらを踏まえた上で、私なりの判断を書いてみます。

数字-1

「自己実現」「リーダー」「パイオニア」

ものごとのはじまりをあらわす象徴的な数字です。無限の可能性を秘めた数字でもあります。
太陽を象徴する数字で、明るく元気を与えてくれる。男性を象徴する数字。
姓名判断では、吉の画数。

基本的にははじまり、積極性を意味する数字と考えて良いでしょう。

数字-2

「協調」「相対」「二元性」

陰陽の2元論ではもっとも意味のある数字です。2つで1つのものを表す数字。対立物をつかさどり、人との和を象徴する数字。太極ですね。月を象徴する数字で、優しさをあたえてくれる、女性を象徴する数字。
反面2つに割れる危険性も併せ持ち、衰退や危険を表す数字とも言われます。それゆえ、姓名判断では凶数とされています。

基本的には一時的な調和で、分裂を暗示していると考えられます。

数字-3

「自己表現」「発展」「楽しさ」

神・宇宙・人間という三位一体をあらわし、沢山の人とのふれあいを象徴する数字。道教では、道は一を生じ、一は二を生じ、二は三を生じ、三は万物を生ずというように、2よりも重要な数字とされていました。
姓名判断では、目的や願望がかない立身出世がかなう。女性は幸福になれるとされる吉数。

基本的には積極性や発展性を意味する数字です、私は一番大切にすべき数字と考えています。

数字-4

「自己鍛錬・勤勉」「土台」「安定」

建設的、現実的、伝統的で、慎重なことを意味します。体系、秩序、管理の数字です。ともすると、保守的で融通がきない、マイペース、時として視野が狭く頑固となると言われます。

苦労をしてから得る物があることを暗示しています。

数字-5

「自由」「変化」「創造性」

ダヴィンチが描いたように人間が手を広げた姿が5つに分けられる(両手・両足・頭)ことから、人間そのものや五感を表す数字とも言われる。姓名判断では、富貴がそなわっているとされる吉数。日本では五芒星、陰陽五行説などから魔よけの数字と言われいます。しかし私は、これは魔を防ぐと言うより魔と戦う意志を示した物と考えています。アメリカのペンタゴンしかり、日本の旧陸軍の軍帽、安部晴明を始め、魔よけとは魔から逃げることではなく戦うことと考えていた人達の数字です。

基本的に、攻めの数字と考えられます。

数字-6

「愛」「責任」「調和」

六芒星(ろくぼうせい)、あるいはダビデの星、日本においては籠目紋(かごめもん)として使われています。籠目紋は魔よけの意味はありません。姓名判断では、家庭運に恵まれ平穏な一生を送ることができるという吉数。これは、結界を作りその内側の者を守るという意味だと考えていいでしょう。

基本的には守りの数字と考えられます。

数字-7

「知性」「独創」「瞑想」

「ラッキーセブン」といわれる前から七転八倒、七転び八起き、七夕など、時に日本では特別な意味に取られています。

また、精神(信仰・希望・愛・正義・賢明・節制・剛毅)全体を表す数ともいわれます。
風水でも、7は結婚運を高める吉数とされていますし、姓名判断でも、最初は困難でも、努力次第で成功(完成)するという吉数とされています。

基本的には発展や発展の準備を意味すると考えられます。

数字-8

「力」「組織力」「物質的豊かさ」

無限(∞)という記号は、8を横に寝かした形であるし、完結と安定の象徴の数字とされる。
また、天地創造の完成の祝日とされる7の次の数字ということから、復活と変容の象徴の数字ともされる。
姓名判断では、意思が強く、こつこつと努力し成功するという吉数。

基本的には成熟した安定を意味する数字と考えられます。

数字-9

「ヴィジョン」「多面的」「努力の結実」「創造の完成」

数字の最後となる数字です。非常に複雑な意味を持ち込みます。終わりを知らせるとともに、新局面への転換を知らせる「新生」を象徴する数字でもある。
姓名判断では、芸術や芸能に才能があるものの、破壊をあらわす凶数とされていますが、風水では、「邪気を払う数字」とされ、9を意識して行動するとよいとされています。また、九字をを切ることで魔と戦うことがあります。

基本的には、完了を意味するため、次への発展が難しい数字と考えています。

タグ: , , , , , ,

関連する投稿

Leave a comment!

Add your comment below, or trackback from your own site. You can also subscribe to these comments via RSS.

Be nice. Keep it clean. Stay on topic. No spam.

You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

This is a Gravatar-enabled weblog. To get your own globally-recognized-avatar, please register at Gravatar.