放射の吸着だけではない、ゼオライト

放射の吸着だけではない、ゼオライト

ゼオライトはセシウムなど放射能を吸着する物質として一躍有名になりましたが、多孔質で汚れを吸着しやすいことから、加工して浄水器のフィルターなどに使われていました。

またホルムアルデヒドなどの気体分子を吸着するとされるため、消臭や、シックハウス症候群を防止ししたり、ディーゼルエンジンの窒素酸化物(NOx)を吸収する目的にも利用されています。

ゼオライトは、柔らかすぎてパワーストーンとしては売れませんが、水の浄化用、水質の改善剤、土壌改善剤、シックハウス対策、カビ対策と色々と使われています。

注意:ゼオライトは柔らかく砕けやすいので、目の細かい袋に入れてご利用いただくと便利に使えます。

紹介したゼオライトを買うなら

浄水に利用する

よく洗ったあと15gほどを袋(お茶を煎じる時に使う紙袋か不織布などの目の細かい物)に入れておくと、ゼオライトの微粉末が水に入らなくてよいと思います。

東北大学の実験結果から推測すると、夜作った水を朝飲むと言うようなサイクルで放射能の大部分が吸着さると考えられます。浄水器の例などから考えて通常は1000Lぐらいの利用で吸着効果がなくなると考えて下さい。

お風呂などに利用

洗濯ネットや不織布に入れて下さい。これも石がぶつかり細かい粉末を出さないようにするためです。水の肌触りが柔らかくなります。

Ø 水に浸して利用すると、カルシウムイオンやマグネシウムイオンも吸着して水が軟水になります。洗剤の溶けがよくなることから、洗剤に微量を混ぜている場合もあります。

シックハウス、カビ対策で利用する場合

壁のそば、押し入れ、靴箱、靴の中などに置いておくとよいでしょう。多孔質のため余計な湿度を吸収してくれるためカビ対策(カビ菌を殺すわけではありません)にもお使いいただけます。

ゼオライトの処分

水の浄化に利用し終わったゼオライトは湿度対策として利用し続けることも出来ますが、においなどを吸着し利用できなくなった場合は、細かく砕いて(簡単に砕けます)土に戻してください。ゼオライトは植物の生育に重要な陽イオンを保持しますので、土壌改良剤としても利用されます。

大量の放射能を吸着させた、と考えられる場合は、各自治体の指導する放射線廃棄物処理方法に従って下さい。


 
天然石を浄化する 天然石の効果 色々な形の天然石 あなたにあった選び方