ちょっとマニアックな水晶の意味

ちょっとマニアックな水晶の意味

水晶は万能のパワーストーンと言われていますが、水晶の結晶の形、ファセット(先端)の形や模様などで色々な意味が加わります。

 

初心者でも自分の持っている水晶にどんな意味があるのかわかるように簡単にまとめてみました。

  • 基本は水晶のポイントの付き方
  • ファセット(先端部分)にまれに見られる模様
  • ファセットの面の形
  • 結晶(クリスタル)の付き方

 

 

この水晶の意味がわかると、あなたもクリスタルヒーラーに近づけると言うわけです。

 

単に透明形の良いものがイイものではないことがわかると思います。

水晶のファセットにある意味

trigonic

レコードキーパー

先端部分 凸状の三角形のごくわずかな膨らみがあることがあります。これをレコードキーパーと言って古代アトランティスやレムリアの人達の叡智が蓄えられているとされます。このクリスタルと同調できた時には、古代の叡智やメッセージが受け取れるかも知れません。
成長丘と言って、時間が経過すれば膨らみが徐々に育って行くことになります。育ちきってしまえば、それ自身がポイントになってしまうのでしょう。

recordkeeper

トライゴーニック

先端部分に凹状の逆三角形の凹みを言います。 トライゴーニックは、シャーマン的意識の変性をもたらすといわれます。 病気を直したり、神のお告げを聞いたりするシャーマンになるための手助けをしてくれるかも知れません

ファセット(先端の尖った部分)にある水晶の意味

isis

イシス

ポイントの先端にきれいな五角形の形があるものを「 Isis」 といいます。
バランスの良い五角形がよいとされています。イシスはエジプトの女神の名で母性神、あるいは真理の神、死の神、また魔術師としての側面も持ちます。

window-2

ウインドウ

ポイントの先端と柱の側面の間にひし形(ダイヤ形)の大きな窓(Window)を持つクリスタルで、自分の気付かない内面を知ることができると言われています。ハイヤーセルフへのアクセスを助ると言われています、深い悩みがある時、困ったことがあった時にこんな水晶のポイントが一つあるといいですね。

ground

グラウンディングクリスタル

ポイントの一番大きなファセットが八角形をしたクリスタルのことで、「Grounding」とは大地にしっかり足を付ける、大地からエネルギーを得るという意味と、過剰なエネルギーを地球の内部に流すという二つの意味があります。「グラウンディングクリスタル」はそれらをサポートするクリスタルです。

generator ジェネレーター

 

ポイントのファセット面がすべて三角形でほぼ大きさの等しいもので、エネルギーを集中させたり、増幅させたり、分配したりするのに適しているとされます。七星陣をポイントで作ったりするといいかも知れません。自然のジェネレーターはとても少なくて、研磨された水晶ポイントにはよくあります。

timelink タイムリンク 

 

クリスタルの先端の面と柱面の間にできた平行四辺形のウィンドゥのことで、左に傾いた物を「パストタイムリンク(Past Timelink)と呼び過去の自分と結びつくためのもの、右に傾いていれば「フューチャータイムリンク(Future Timelink)と呼び未来の自分に結びつくためのものと言われています。つまり、過去にこだわりやトラウマがあれば左傾斜のウインドウでそれを癒し、将来に不安があれば、将来の自分から励ましをもらうと言うことに使えるのでしょう。

チャネリングクリスタルとかトランスミッターなどと言う物もありますが、それはまた今度にしましょう。

水晶クラスターの先端の形で楽しむ

タビュラー(タビー) 

 

「Tabular」とは、(平らな、二面の平面のある)という意味があり、ファセット先端部がマイナス(-型)になっていてる物です。以外によく見かけます。
二つのものの間の架け橋や絆となって働くクリスタルです。

tant タントリックツイン

 

Tantric Twin(タントラの双子)と呼ばれるクリスタルは根元が一つになっていて、途中から二つに分かれた水晶です。エネルギーの融和や調和をサポートします。恋人同士、親子、兄弟、友人の間に深い魂のつながりをつくるといわれます。
アメジストにも多く見られます。

soul ソウルメイトクリスタル 

 

二つのほぼ同じ大きさのポイントが密着して生成されたクリスタルをソウルメイトクリスタルとかツインソウルと呼びます。この形の水晶はソウルメイトを引き寄せる」とされます。ソウルメイトとは異性だけでなく、過去生を何度も生きた魂の仲間です。同じようなクリスタルに

lemurianseed レーザークリスタル 

 

先端に行くにつれ、細くなる水晶で、その形状は様々です。ヒマラヤ産にはよく見られる形状です。 「レーザーワンド(杖)」とも呼ばれ、強力なヒーリングツールとされていて先端からレーザー光線のようにエネルギーを発します。

ダブルターミネーテッド(DT) 

 

クリスタルの両端がポイントになっているものです。この形が特徴的なのはハーキーマーダイヤモンドです。両端のポイントからエネルギーを放射・吸収するとされ、ヒーリングや瞑想に用いることで、精神・感情のバランスを調整し、サイキックな能力の開発に使われたりするとのことです。

水晶ポイントの密集の仕方にある意味

アバンダンス アバンダンス(Abundance) 

 

大きなポイントの根元に小さいポイントが集まっている形をと呼び、「豊かさ」を象徴するクリスタルとされています。カクタスクラスターによく見かけます。

カテドラル カテドラルクリスタル 

 

複数の水晶が重なり教会のカテドラルのように見えます。多くの人やグループで物事を達成しようとする時に手助けをしてくれます。また、アカシックレコード(宇宙の情報データバンク)へのアクセスを助けるともいわれています。

barnacle バーナクル 

 

水晶の本体にたくさんの小さな結晶が付着しているもので、家族や人々の問題を回復させるク水晶と言われます。土台になっているクリスタルは、「経験を積んだ魂」を意味し、集まった小さな結晶は、それに「惹き付けられる存在」を表します。カクタスクラスターの一種はまさにこの形です。

水晶ポイントの側面にある意味

lemurianseed バーコード

 

水晶の側面に「条線」という成長を示す成長線がついていて、これがバーコードのように見えることからにこう呼んでいます。バーコード=レムリアンシードと誤解されていますが、実際はブラジル、ミナスジェライスの物がレムリアンシードで、その他の産地の物はロシアンレムリアンとかヒマラヤレムリアンと呼ぶのが正しいでしょう。

ドルフィン 

 

クリスタルの側面に小さな結晶(ハーキマーダイヤモンドのようなDT型の結晶なら、なお宜しい)が付着いているものをDolphin Crystalと呼び、親子や家族の人間関係を円滑にするクリスタルといわれています。また、付着ではなく貫通しているものを「ペネトレーター」(Penetrator)と呼び、内なる世界への架け橋となるクリスタルで「ブリッジ」(Bridge)とも呼ばれます。

水晶に含まれる物(インクルージョン)のバリエーション

garden ガーデン

 

水晶の内部に緑泥石のインクルージョンがあり、庭や森のように見えます。見る人にやすらぎと平和をもたらし、病気を癒すと言われています。グリーンファントムと呼ぶ人もありますが、マニアならファントムは必ず山形の影のような物がある物を言います。

ルチル ルチル 

 

針状の鉱物がインクルージョンされています。金、銀、黒、赤、青、緑など様々な色に見えるインクルージョンがあります。
特に金色で針が太いものはタイチンルチルと言われ珍重されているため、非常に高価です。クラスターで出回っているものは少ないです。


 
天然石を浄化する 天然石の効果 色々な形の天然石 あなたにあった選び方