夢を叶えるゾウ、ガネーシャの秘密

夢を叶えるゾウ、ガネーシャの秘密

ガネーシャ 10年ほど前、インドに仕事で行った時におみやげでもらってから気になってしかたがない存在。
それがガネーシャとの出会いです。
最初は、なんだか不気味な彫刻、変な神様と言うだけだったのですが、調べて見るとガネーシャってかなり面白いヤツじゃありませんか。
「夢を叶えるゾウ ガネーシャ」そのまんじゃないかと思ってしまいました。

ガネーシャの頭がゾウの訳

神様は色々と変身もするし、動物が神様というのは珍しくないのですが、人面でない神様は意外と少ないものです。
ところでガネーシャの頭がなぜゾウなのかというと、こんな話があります。

ある日、お母さんはガネーシャに「私がお風呂に入ってるあいだ、家に誰も入れてはダメですよ。」といいつけました。
しかし、 お父さん(シヴァ)が中に入ろうとしても、ガネーシャが入れません。
怒ったお父さんはガネーシャの首を切ってしまいます。
それを知ったお母さんは、「息子を返してください」 と詰め寄ります。
お父さんは「 一番最初に 通った者の首を切ってガネーシャに付けよう。」と約束します。
最初に通ったのが 「ゾウ」 だったので、ガネーシャは「ゾウの頭、人の体」になったと言う、かなりいい加減な事情です。

ガネーシャがネズミに乗っている訳

ガネーシャは退治した悪魔をネズミにし、それを操っているということです。
ゾウという大きな動物が とても小さいネズミに乗ることで、ガネーシャ神は、なんでも出来る。ということを意味しているのとも言われています。
実際、ガネーシャ神は、商売繁盛・学問以外に厄除け、開運となんでもありの神様です。インド人が私にガネーシャをプレゼントした訳ですね。

ガネーシャは月光浄化できません。

お誕生日にお菓子をイッパイ食べた帰り道、乗り物のネズミが蛇に驚きガネーシャが転んでしまいました。

ガネーシャはお腹がはじけお菓子がこぼれたので、こぼれたお菓子を集めお腹に戻し、お菓子がこぼれないようヘビでお腹を巻きつけました。

一部始終を見て笑った月に、自分の牙を折り投げつけた。

だから月は、満ち欠けするようになった。

と言う訳でガネーシャは月光とは相性が悪いのです。

ガネーシャは何かを始める時にベストな神様

DSC_0757伝承の一つにシヴァ神がガネーシャと 弟「スカンダ」にどちらがこの世界を早く3周できるか競争さ せました。ガネーシャはシバ神の周りを3回周り「シヴァ神そのものが、この世界です。」といいました。
シヴァ神(お父さん)はとても感動し 「物事の始めにガネーシャ神に祈りを捧げる」 ということになりました。

 

なにはともあれ、インドでは物事の始め (店を始めたり、神聖なる芸術、朝起きて、、、) など全ての始まりに成功・成就・安定を祈願し「ガネーシャ神」にお祈りを捧げます。

知れば知るほど夢を叶えるゾウ、ガネーシャのあの雰囲気が、似合っているなぁと感心するのでした。

ともあれ、やはり万能の神、東洋の神にふさわしいのはヒスイですね。


 
天然石を浄化する 天然石の効果 色々な形の天然石 あなたにあった選び方